Get Social

簡単にあきらめるな!パソコンが壊れたと思ったらまずはこれを試すべし

ハード的な障害の場合に試しておきたいあれこれ

インターネットがつながらなくなった、DVDが読み込みできなくなった、USBが認識しなくなったなど、ハードウェアの障害によってパソコンが正しい動作をしなくなることがあります。そもそも部品自体が傷害を起こしている場合が多いですが、実はもっと簡単な要因で障害をきたしているケースがあります。それは汚れです。ほこりなどが原因で線と機器が上手くつながらない場合も結構ありますが、故障騒ぐ前に一度その箇所を掃除してみましょう。案外動いたりする場合がありますよ。

ソフト的な障害の場合に試しておきたいあれこれ

エクセルが立ちあがらなくなった、ワードを立ち上げると固まるなど、インストールされているソフトが何かしらの原因で動作しなくなった場合はまずはそのソフトをインストールし直してみることです。ハードに要因がない限りほとんどの場合はこれで解決します。これで上手く行かなければ不要なレジストリを綺麗にするフリーソフトの使用もお勧めします。フリーウェアをダウンロードするサイトで手軽に入手できますので、まずはお試しあれ。

パソコンが立ちあがらない時に試しておきたいあれこれ

こんな場合は基本的に修理が必要な場合が多いですが、中のデータを失うのは忍びないので簡単に諦めないで次のことを試して下さい。まずはハードとソフトの要因に切り分けます。ハード的(ディスク)な要因の場合はディスクランプがほぼ点灯状態になり、これはどうしようもないので修理に出すしか無くデータも半分以上諦めた方がいいでしょう。ソフトの場合はOSのエラーメッセージが表示されて最初に戻ることが多く、そんな時はセーフモードだと起動する場合があるのでそれを試します(セーフモードの立ち上げはパソコンのマニュアルを参照)。立ち上がればメモリなどにデータのバックアップが取れます。

パソコンの修理はパーツごとに交換が出来る専門店を利用すると安い費用で直して貰えるので最適だといえます。

Comments are closed.