Get Social

こんなのあった!アラサー世代なつかしの文房具色々。

ハイテク鉛筆!当時のあこがれロケット鉛筆

大人になるとデスクワークをしていてもパソコンが主流で、あまり文房具は使わなくなったという人も多いのではないでしょうか。せいぜいボールペンやカラーマーカー、メモ帳くらいというケースも珍しくありません。そんな中で子供の頃使っていた懐かしの文房具を振り返ってみました。まずは大人になった今ではほとんど目にすることがないロケット鉛筆です。ペンの筒の部分にいくつかの節に分かれた芯が入っていて、短くなると取り外し、お尻のほうから押し込むと新しい芯が出てくるというもので、鉛筆のハイテクバージョンというイメージで当時の小学生には人気の文房具でした。

消すのに使うのはもったいない?デザイン消しゴム

文房具といえば字や絵を描いたり作業をするときに使うものなので、基本的には実用的なものがほとんどです。しかし子ども時代に人気を集めた文房具の中にはコレクションをしたり交換したりするのが主な目的で、ほとんど実用性のない文房具というものも存在し、その代表格がデザイン消しゴムです。動物やスイーツなどさまざまなモチーフの消しゴムは、ついつい集めたくなるほど魅力的でした。しかし実際に文字を消そうとしてもうまくいかなかったり、黒ずんでしまってせっかくのかわいい消しゴムが台無しになってしまうため、あくまでも観賞用としてコレクションする子供が多かったようです。

たくさん集めたい!おもしろメモ帳やシール類

子供の頃は学校におもちゃなどを持ち込むことが出来なかったため、ちょっとしたおもしろい文房具を持ち込むことでコミュニケーションを図っていたということもあるのではないでしょうか。その代表的なものが、メモ帳やシール類です。特に女子の間ではシール交換が流行し、ただのシールではなくラメになっていたりふわふわした手触りや、におい付きシールなど、よりレアなものを集めて交換し合うことがステイタスになっていました。また食べ物の形やお札の形など、おもしろい形状のメモ帳なども流行し、メールのない時代の手紙交換に華をそえていたようです。

アスクルは事務用品から備品まで様々な商品を安く買うことができる、働いている人のためのネット通販会社です。

Comments are closed.