Get Social

空間の特徴をいかすための照明デザイン3選

天井の高さが異なる空間の照明デザイン

天井の高さが異なる空間の照明デザインを考えるのなら、天井面のほかに壁面を有効に活用すると器具の照明器具の台数も減らすことができるでしょう。一般的な天井高の部分はダウンライトなどで照らすことが多いですが、天井の高い部分では無理に取りつけようと考えないほうがいいのです。高い位置から照度を確保しようとするとその分、ワット数の高いランプが必要になるので、器具が大きくなってしまいます。床面への明るさだけにとらわれずに高さを生かした照明デザインが有効的でしょう。

ダークトーンの室内空間の照明デザイン

店舗などではダークトーン仕上げの空間が多く、天井も壁も床ともに暗色系の場合には、照明光は反射が弱いために広がりのある灯りにはならないのです。だからといって、大光量の照明では空間のイメージをそこなう危険性も考えられるでしょう。全体がダークトーンの室内空間では光を分散することでメリハリのある空間演出をおこなえます。ダークトーンの空間ではダウンライトのみのライティングは床ばかりを明るくしてしまい光の重心が床に傾きやすくなりますので、壁や天井にやわらかく広がる光を用いるとほどよく光溜まりとなって空間を演出してくれるでしょう。

オフィス空間の照明デザイン

通常オフィスなどでは平均照度500から700Lx程度の明るさが求められます。一般的に天井埋め込みタイプの蛍光灯を設置して空間全体を明るくする全般照明方式が多いといえるでしょう。しかし、必要でない場所でも同等の明るさとなるため、エネルギーロスをしている場合が多くなります。現在では、パソコンモニターも液晶が多くなり、映り込みが軽減され、グレアも以前ほどは気にならないため、明るさの必要な場所を見極めて、明るくする場所を限定し、Hf蛍光灯など高効率光源を使用すると電力使用量も減らすことができるでしょう。

ペンダント照明とダイニングテーブルの位置があわないとき、便利なのが配線ダクトレールです。レール用でない器具をつけるためのパーツや、リモコンスイッチにするパーツもあって便利です。

Comments are closed.