Get Social

結婚式や披露宴で流そう!思い出に残る映像制作

プロフィールビデオは定番

結婚式準備の中に、プロフィールビデオの映像制作がありますよね。個人でも映像編集ソフトを使ってムービーを作ることができますよ。プロフィールビデオが流れる場面は、新郎新婦がお色直しで退場した時で、ゲストに二人のプロフィールを紹介します。生まれた頃、小学校に入ったころ、二人が出会ったころなど、段階を追って写真を使い紹介していきます。新郎・新婦の片方のことしか知らなくても、このプロフィールビデオがあればゲストの人も相手のことを理解するきっかけになりますよね。

映像と一緒に流すBGMを考えよう

プロフィールビデオの素材となる写真を集めたら、全体の構成を考えます。小さい頃の写真から紹介していき、現在に至るまでの様子に繋げていくのが分かりやすいですよね。ビデオを盛り上げるためにも、映像と一緒に流すBGMを選曲しましょう。二人の好きなアーティストの曲や思い出に残っている曲を選ぶのも良いですよね。結婚式のコンセプトに合わせてポップな雰囲気の曲やクラシカルな雰囲気の曲など、ベストなものを選びましょう。

メッセージを入れよう

全体の流れを決めて、BGMも決めたら、映像制作ソフトで編集していきます。結婚式のプロフィールビデオ用に作られた市販の編集ソフトや、プロが使っているソフトなどを使って映像を作ります。映像には文字を入れることができるので、二人からのメッセージや写真へのコメントを入れるとゲストも楽しめますよ。大きなスクリーンに映像が映されることと、会場の広さを考えて、メッセージの文字の大きさや一度に表示する文字数を検討しましょう。

映像制作は現代では非常に役に立つスキルとなっており、映像関連を取り扱う企業で仕事をするためには必要不可欠です。

Comments are closed.