Get Social

そのホームページ、閲覧者の心に届くデザインになっていますか?

顧客が集まらないのはそのデザインのせいかも!!

近年、小さな子供から高齢者までがインターネットを利用して情報を収集するようになりましたね。様々な年齢層へのアピールができるインターネットにホームページを通して商品やサービスの紹介をしている企業も多くなってきましたが、中には動画を使用しすぎた閲覧しにくいホームページや、目がチカチカして気持ち悪くなってしまうような色やデザインのホームページを見かける事もあります。商品やサービスは素晴らしいのに、この様なホームページでは、折角の顧客獲得のチャンスを逃してしまいかねません。

心に届くホームページはデザインが重要!!

顧客がまた閲覧したくなるホームページ、より提供している商品を際立たせるホームページを作成するのには、ホームページ自体のデザインも重要です。高齢者へ情報を発信したいのなら、文字に読みやすいフォントを使用し、フォントを少し大きめにする事も大切ですし、高齢になると色の見え方も変わってくるので、青や緑などの高齢者が好む色を使用するとぐっと見やすく、気持ちの良いホームページの作成が可能です。女性向けのホームページには柔らかな印象、男性向けにはシャープなデザインといったように、ターゲットにする年齢や性別に合わせてホームページのデザインを変える事でより多くの顧客へアピールする事ができます。

多くの顧客をGETするならホームページの専門家へ!

ターゲットにあわせたホームページのデザインで苦労しているなら、ホームページを作成する専門家へお任せする方法もあります。多くのページを作成しているホームページ作成業者なら、狙いの顧客が閲覧しやすいホームページを作成する事が可能です。ホームページ作成業者の中でも、デザインの専門家や新しい顧客獲得に自信のある業者など様々な特徴がありますので、依頼する業者をどこにしようかと悩まれた時には、ページ作成の見積もりが一括で行えるサイトを利用し、希望のホームページを作成してくれそうな業者を探すのも良いかもしれません。

レスポンシブwebデザインは、ブラウザ・OSそのものではなくブラウザの横幅サイズを判断基準とし、スタイルシートを切り替えることでPC・スマートフォンなど複数環境での表示を可能とするwebデザインです。

初心者でもできる?ホームページデザインをおしゃれにしよう

ホームページデザインは悩むところ

個人でもホームページを作って自分の趣味の作品をインターネットに公開している人はいますよね。イラストや小説、漫画やアニメの二次創作でホームページを作っているという人もいます。多くのユーザーにアクセスしてもらうには、もちろんコンテンツの充実度が大事ですが、ホームページのデザインもこだわりたいところですよね。しかし、デザインやホームページ制作を始めたばかりだとどうやったらオシャレに作り込めるかを悩んでしまうということもあります。

テンプレートを利用するのも一つの方法

ホームページ制作で便利なアイテムの一つが、テンプレートです。大きなデザインコンセプトがあって、それに沿って作られたホームページの素材が入っています。テンプレートの中のコンテンツ部分を書き換えるだけで、見栄えの綺麗なホームページができます。初めてホームページを作る人でも、テンプレートを使えばすぐにおしゃれなサイトが出来上がるのでおすすめできます。ホームページの雰囲気を一新するのにもテンプレートは使えますよ。

CSSを勉強してみよう

ホームページを自分で作るようになると、耳にするのがCSSというものでしょう。ホームページを作るのに必要なプログラム言語はHTMLです。HTMLにはコンテンツの中身を書いていきます。一方でCSSは、ホームページ全体で統一したい文字の色や大きさなどを定義します。CSSにそういった情報を記入しておくと、サイト全体の統一性が取れて見栄えの良さがアップします。どんなホームページにしたいかという具体的なイメージがあるなら、CSSを勉強して自分で作ると良いでしょう。

レスポンシブウェブデザインは、ユーザーの端末に合わせてウェブサイトのサイズを最適化されるので、とても見やすく使いやすいウェブサイトになります。