Get Social

百貨店での研修って?上レベルの接客のためのマナー研修内容とは

研修で行う笑顔の練習

都会では、数店の百貨店が集合している所もあり、百貨店業界での競争も激しくなっています。そんな中でも重視されるのは、やはり上レベルの店員の接客力です。より良い接客を行うために、百貨店では日々、研修が行われています。研修において特に重視されるのは、やはり接客の際の笑顔であり、研修では二人一組になり、向かい合って口角を上げて笑顔を作る笑顔の練習なども行われています。素敵な笑顔も大切なマナーのひとつであり、お客様に気持ち良く買い物していいただくために重要なことといえるでしょう。

「あえいうえおあお」の発声練習

店頭で小さな声でぼそぼそとお客様と話すことは、暗いイメージや自信のなさにもつながり、お客様にあまり良い印象が持たれないでしょう。こういった点を解消するために、百貨店のマナー研修では、おなかから声を出す発声練習も行われています。おなかに手を当てて「あえいうえおあお」としっかりと口角の筋肉を動かしながら発声します。ハキハキと大きく元気な声でお客様と話す訓練であると共に、口の周りの筋肉を鍛えることは笑顔作りの練習にもなるのです。「あえいうえおあお」の発声練習は腹筋を使って行われるので、何回も繰り返して言っているとうっすらと汗もかいてきます。

言葉使いや挨拶の訓練

百貨店では上品で高級感ある店頭にふさわしい言葉使いや礼儀作法、挨拶が大切になってきます。研修においてはまず、お辞儀の仕方を学びます。お辞儀はお客様がご来店されたときは勿論、お買い上げいただいたときと、お見送りなどでも大切になってきます。また、「いらっしゃいませ」や「ありがとうございました」以外にも、「申し訳ございません」、「少々お待ちくださいませ」などさまざまな挨拶用語についても勉強していきます。

社員研修を開催する際に、社内の会議室を利用することが多いですが、集合研修は研修施設を利用したほうが便利です。専門施設ならではのサービスが充実しています。

結婚式や披露宴で流そう!思い出に残る映像制作

プロフィールビデオは定番

結婚式準備の中に、プロフィールビデオの映像制作がありますよね。個人でも映像編集ソフトを使ってムービーを作ることができますよ。プロフィールビデオが流れる場面は、新郎新婦がお色直しで退場した時で、ゲストに二人のプロフィールを紹介します。生まれた頃、小学校に入ったころ、二人が出会ったころなど、段階を追って写真を使い紹介していきます。新郎・新婦の片方のことしか知らなくても、このプロフィールビデオがあればゲストの人も相手のことを理解するきっかけになりますよね。

映像と一緒に流すBGMを考えよう

プロフィールビデオの素材となる写真を集めたら、全体の構成を考えます。小さい頃の写真から紹介していき、現在に至るまでの様子に繋げていくのが分かりやすいですよね。ビデオを盛り上げるためにも、映像と一緒に流すBGMを選曲しましょう。二人の好きなアーティストの曲や思い出に残っている曲を選ぶのも良いですよね。結婚式のコンセプトに合わせてポップな雰囲気の曲やクラシカルな雰囲気の曲など、ベストなものを選びましょう。

メッセージを入れよう

全体の流れを決めて、BGMも決めたら、映像制作ソフトで編集していきます。結婚式のプロフィールビデオ用に作られた市販の編集ソフトや、プロが使っているソフトなどを使って映像を作ります。映像には文字を入れることができるので、二人からのメッセージや写真へのコメントを入れるとゲストも楽しめますよ。大きなスクリーンに映像が映されることと、会場の広さを考えて、メッセージの文字の大きさや一度に表示する文字数を検討しましょう。

映像制作は現代では非常に役に立つスキルとなっており、映像関連を取り扱う企業で仕事をするためには必要不可欠です。

空間の特徴をいかすための照明デザイン3選

天井の高さが異なる空間の照明デザイン

天井の高さが異なる空間の照明デザインを考えるのなら、天井面のほかに壁面を有効に活用すると器具の照明器具の台数も減らすことができるでしょう。一般的な天井高の部分はダウンライトなどで照らすことが多いですが、天井の高い部分では無理に取りつけようと考えないほうがいいのです。高い位置から照度を確保しようとするとその分、ワット数の高いランプが必要になるので、器具が大きくなってしまいます。床面への明るさだけにとらわれずに高さを生かした照明デザインが有効的でしょう。

ダークトーンの室内空間の照明デザイン

店舗などではダークトーン仕上げの空間が多く、天井も壁も床ともに暗色系の場合には、照明光は反射が弱いために広がりのある灯りにはならないのです。だからといって、大光量の照明では空間のイメージをそこなう危険性も考えられるでしょう。全体がダークトーンの室内空間では光を分散することでメリハリのある空間演出をおこなえます。ダークトーンの空間ではダウンライトのみのライティングは床ばかりを明るくしてしまい光の重心が床に傾きやすくなりますので、壁や天井にやわらかく広がる光を用いるとほどよく光溜まりとなって空間を演出してくれるでしょう。

オフィス空間の照明デザイン

通常オフィスなどでは平均照度500から700Lx程度の明るさが求められます。一般的に天井埋め込みタイプの蛍光灯を設置して空間全体を明るくする全般照明方式が多いといえるでしょう。しかし、必要でない場所でも同等の明るさとなるため、エネルギーロスをしている場合が多くなります。現在では、パソコンモニターも液晶が多くなり、映り込みが軽減され、グレアも以前ほどは気にならないため、明るさの必要な場所を見極めて、明るくする場所を限定し、Hf蛍光灯など高効率光源を使用すると電力使用量も減らすことができるでしょう。

ペンダント照明とダイニングテーブルの位置があわないとき、便利なのが配線ダクトレールです。レール用でない器具をつけるためのパーツや、リモコンスイッチにするパーツもあって便利です。

ページ:1234567